Post navigation

2017年1月 リリースアップデート – バージョン 7.17.1

7.17.1.3 リリース機能アップデート

毎月、四半期、年次レポートを入手するため、セールスインサイトを購読

これまでのSales Insightsでは、パイプライン分析と販売結果に関するユーザーへのメール通知は利用できませんでした。

このアップデートでは、Sales Insightsを定期購読して、月間、四半期および年次のパイプライン処理と販売チームのパフォーマンスについて通知を受けることができます。

購読するには、セールスインサイトページの一番右にある[購読]をクリックし、ポップアップウィンドウで[はい]を押して、電子メールでセールスインサイトレポートを受け取ります。

7.17.1.2 リリース機能アップデート

7.17.1.2リリース機能のアップデートを見るには、ここをクリックしてください。

1. モジュールレイアウトエディタでリッチテキストエリアをサポートする新しいデータタイプが利用可能

レコードビューで基本的なエディタオプションを取得するため、リッチテキストのモジュールレイアウトとフィールドにカスタムフィールドを追加します。

2. ケース内でカスタムステータスのSLAクロックを有効/無効にする

カスタムステータスでケースを再オープンし、ケース内でカスタムステータス値のSLAを有効にします。

3. ケースを作成し、連絡先に電子メールを送信するクイックオプション

1回の操作で電子メールを送信し、ケースを作成します。

4. ケースモジュールの新しいフィールドで解決の時間を表示

解決の時間がケースモジュールに追加されました。このフィールドは、SLAクロックが実行されていたとき、費やされた時間が表示されます。

5. 電子メール作成およびケース返信ウィンドウで可能なスペルチェックオプション

スペルチェックオプションは、メールの作成ウィンドウとケース返信ウィンドウでも利用できるようになりました。

6. ワークフロー送信メールタスクで、無効なメールアドレスをスキップ

無効なTO電子メールアドレスのワークフロー送信メールタスクが排除されます。

8. インボックスからメール送信中にメールのコピーを送信する

メールボックス設定のBCCアドレスチェックボックスを有効にすると、メールアカウント(gmail / yahoo / hotmailなど)の返信が表示されます。


7.17.1.1 リリース機能アップデート

7.17.1.1リリース機能のアップデートを見るには、ここをクリックしてください。

1. 全レコードのワンクリックリマインダ

Vtigerリマインダ機能により、すべてのユーザーは、任意のCRMレコードを思い出させるタスクを作成できます。ユーザーはレコードに対して複数のリマインダを設定し、あとでアクションを実行することができます。

2. Webhooksの作成

Webhooks はVtigerでイベントが発生したときに外部アプリに通知します。

3. プロファイル

管理者は、管理者以外のユーザーのプロファイルからスケジュールレポートオプションを無効にすることができます。

4. 電子メールキャンペーン

電子メールキャンペーン統計情報のエクスポートオプションです。

5. レポート

チャートとピポットレポートの完全体フィールドオプションでグループ化をします。

6. 寸評

@mentionに返信し、CRM関連のレコード内でコメントを追加します。