フレキシブルなワークフロー

定型業務を自動化します。条件とアクションのリストがあれば、定型の作業にかかる時間を省き、あなたとチームがもっと顧客対応に時間を割くことができます。

ケースの状況変化に応じてアクションを実行

問題が解決したと判断し担当ケースをクローズしても、お客様がご納得せず、その旨が返答されてきた場合、Vtigerは当該ケースをリオープンし、サポート担当者やスーパーバイザーにお知らせメールを送信します。

ケース対応が滞るとアクションを始動

たくさんのお客様をサポートしていると、何かを見逃してしまう可能性があります。VtigerはあなたがVIPと設定している顧客の高優先順位のケースが一定期間経過しても顧客からの反応がなかった場合、あなたにお知らせしてくれます。

Workflow-Conditions
Case-Field-Update-Workflow

ケース項目の自動更新

ワークフローでケース項目を更新出来ます。
たとえば、ケースが”払い戻し”として区分された場合、Vtigerはそのケースの対応に必要な時間・期間について設定した”払い戻し”に関連するSLAを自動で適用します。あるいはケースがリオープンした場合、自動で当該ケースを優先度高と設定します。メール本文に「パスワード」という文字が記載されたメールを受信した場合、ITチームに当該ケースが自動で割り当てられます。このような細かい対応を自動化し、ケースの区分と正しい対応が確実に達成できるようにします。

タスク作成と割り当ての自動化

ケースに特定のアクションが求められる場合、Vtigerは担当者に割り当てたタスクを自動生成、タスク完了時には確認のために、担当者に通知をします。

SLA-Workflow