FUNCTION

機能紹介

Marketing Automation(MA)

新規顧客獲得支援機能

Marketing Automation
(MA)

新規顧客獲得支援機能

 
 

キャンペーン管理

 

展示会等への出展や特定製品を顧客に紹介するような社内販促の管理します。展示会の来場者や販促の紹介先と、これをきっかけに発生した案件の件数、総額や受注情報を管理します。出展や販促に対しての投資対効果の算出を通じた翌年度以降の営業活動戦略の策定にも役立ちます。

 
 

一括メール送信

 

展示会の案内、来場お礼、セミナーの案内、メールマガジンの送付等見込客や既存顧客に対して、取引先名や担当者名を本文に挿入してメール一斉送信を行います。 メールを受信した方が開封したか、メール内のリンクをクリックしたかの確認を個人別に行うことができます。これによりメール送信後に、アポイント取得のためのコールドコールの優先順位付が容易にできます。

 
 

メーリングリスト

 

一括メール送信のために目的別に複数のリストを管理します。個別に送信先を選択する方法だけでなく、業種や、従業員数やアンケート結果などを条件に設定したリストを作成します。これにより顧客登録するだけで、自動的に該当するリストに登録されます。Unsubscribe(配信不要)を自動処理し、リストに反映することが出来ます。
 

Sales Force Automation(SFA)

営業支援機能

Sales Force Automation
(SFA)

営業支援機能

 
 

見込客管理

 

展示会等のイベントで名刺交換をしただけ、あるいはWebや電話経由でのお問い合わせをされた方の中で、「現時点で検討していない顧客」を管理します。一括メール送信や、セミナー案内、定期訪問を通して顧客との接点を継続することにより、いずれ顧客が商品検討のタイミングになった際に、商機を逃さず商談に結びつけます。

 
 

取引先企業管理

 

実際に商談歴があるお客様の情報だけでなく、代理店等についても登録管理をします。案件をはじめすべての情報は取引先企業と関連付けられ、取引先情報を開くだけで、その企業と自社との取引状況や、活動接点、営業が見聞きした細かな情報(コメント機能で管理)を把握出来ます。

 
 

取引先担当者管理

 

取引先の担当者(複数可)を管理します。案件、問合せ、見積もり等あらゆる情報を取引先に紐づけて管理することにより、取引先内での担当者の位置づけが明確にできます。キャンペーン機能を使ってセミナーに勧誘したり、一斉メールで商品案内を送ったりして、担当者との関係構築を図り、より多くの商談を創出します。

 
 

予定 / ToDo管理

 

見た目がわかりやすい予定表で、活動情報を入力します。 GoogleやOffice365とも同期可能です。これらグループウェア予定表とは違って打合せに出席した担当者や、訪問目的の案件と関連付けて管理し、案件別動一覧などの分析を行います。予定からレポート作成も容易に出来、簡単な日報、週報の作成が可能です。

 
 

案件(商談)管理

 

案件情報および、引き合いから受注までの営業ステージを管理します。営業の営業ステージは、商材毎などに複数設定可能です。クローズ予定日や、金額を管理することにより、担当者別や、月別、ステージ別などの売上予測、パイプライン分析が容易にできます。案件に関連する提案書やRFIなどのドキュメントも紐づけて管理可能です。見積のような明細を含めて案件管理することも可能です。ドキュメントは、Google Driveや、Dropboxのリンク紐づけにも対応しています。

 
 

売上予実分析

 

営業担当者ごと、部署ごとに予算を設定し、案件の金額より、達成度合を一覧管理します。
また、予算と実績のギャップ管理も可能です。

Sales Management

売上管理支援機能

Sales Management

売上管理支援機能

 
 

商品管理

 

商品別管理を行いたい、モジュール(案件、見積り、受注、請求等)と連携して利用します。商品を表示すると、その商品と紐づいている案件等、それぞれのレコードが一覧で表示されます。見積等の明細行で選択利用します。簡単な在庫管理が可能で、見積時に在庫数を上回る個数を入力すれば警告を表示する、受注があれば在庫数を減らす、発注品が納品されれば在庫数を増やす、という機能があります。

 
 

サービス管理

 

商品と同じように動作しますが、サービスは、在庫機能がなく、ものが動かない」役務、具体的には保守サービスなどを管理します。

 
 

見積管理

 

案件に紐づけて顧客に提出する見積もりを作成します。1つの案件に複数の個数が異なる、金額が異なるなどの見積を紐づけて管理します。
見積からPDFで、自社用にカスタマイズした見積もり書を簡単に出力できます。
受注が決まれば、ボタン1つで該当明細を含む見積もりから受注データを複製して作成することが出来るため、受注時に明細内容を再度手入力するという無駄を省くことが出来ます。

 
 

受注管理

 

新規に作成することもできますが、見積もりから複製して作成すると、再入力が不要で、簡単にデータ作成できます。
見積からPDFで注文請書や、納品者等を簡単に出力できます。
案件、見積もりと紐づけて管理できます。

 
 

請求管理

 

見積書・販売受注情報から請求書情報をボタン一つで請求データを生成することができます。また、ステータス管理により、入金情報を把握することができます。

Customer Relationship Management(CRM)

既存顧客フォロー支援機能

Customer Relationship Management
(CRM)

既存顧客フォロー支援機能

 
 

問い合わせ管理

 

お客様からの問い合わせを一元管理することができます。ステータス管理により、未解決の問い合わせを他部門と協力して回答に導くことができます。製品と関連付けて登録することが可能なので、蓄積された情報が将来の製品の機能改善などの情報として活用できます。

 
 

FAQ管理

 

問い合わせ管理に蓄積された情報のうち、よくある問い合わせはボタン一つでFAQにコピーすることができます。社内の共通のナレッジデータベースとして活用することができます。

 
 

SLAポリシー管理

 

さまざまなシナリオで想定される状況下における対応方法を明確化し、SLA指針を作成します。ワークフローでそのSLA指針を手動または自動で適用させます。
初期応答および問題解決までの許容可能な目標達成時間をケースの優先順位(緊急性の程度 – 低・中・高)に応じて設定できます。

 
 

SLAダッシュボード管理

 

初期応答時間や、解決まだの時間などの指標をあらかじめ設定しておき、個々の問い合わせ対応が指標と比べて、達成できているのか否かが管理出来、サポートの見える化を実現でき、サポートの品質向上に役立てます。通常のこのような仕組みは大規模高額な仕組みになりますが、VtigerCRMは標準機能で提供しています。

 
 

カスタマーポータル

 

お客様専用のVtigerCRMポータルへのアクセス許可を設定することにより、対応履歴の確認、ファイル共有や問い合わせがお客様自身で出来るポータルを提供します。またこのポータルにより、閲覧可能なVtigerCRMデータ(商談や取引先責任者の情報など)の表示や、見積り・請求などのダウンロード、ファイルの共有・提出・閲覧、ケースの更新のほか、ナレッジベースへのアクセスによりお客様が疑問に対する回答を瞬時に得ることができます。

Others

その他機能

 
 

標準レポート

 

蓄積されたデータに対して簡単なウィザードでユーザー自身が一覧表示したり、グラフ表示したりできます。

 
 

スケジュールレポート

 

スケジュール機能により、毎週の週報や、月末の営業資料などをメールで定期配信します。忙しい上司はCRMにログインすることなく、日々の部下の営業活動の情報をメールにてタイムリーに入手可能です。

 
 

多通貨対応

 

VtigerCRMは、使用通貨について複数設定させることができ、円レートとの換算設定も簡単です。

 
 

ドキュメント管理

 

顧客、顧客担当者、案件に関連付ける形で、顧客から入手した仕様書や、提出した提案書等の各種ドキュメントをサーバー上に保管します。DropboxやGoogle Driveから直接リンク関連付けも可能です。

 
  

Office365連携

 

VtigerCRMは、Office365と多岐にわたる連携機能をご提供します。Outlookアプリのアドオンと、Outlook WebAppのChrome拡張機能を提供します。Office365の予定表、連絡先と、VtigerCRMの活動、顧客担当者を自動同期します。Office365のメールの差出人と、顧客担当者のメールアドレスをマッチングし、電子メールモジュールと自動同期します。顧客担当者開くと過去のメール履歴一覧が確認できます。

 
 

Google連携

 

GoogleとのシングルサインオンをPCおよびスマホからのアクセスで提供します。Office365と同様に予定表と連絡先と自動同期します。メールはChromeの拡張機能で、価格交渉のメールなど重要なメールを選択同期が可能です。

 
 

PowerBI連携

 

MicrosoftのPowerBIとネイティブ連携できます。このことにより標準レポートでは実現できない複雑な帳票を作成したり、データ分析が可能となります。

 
 

モバイルアプリ

 

CRMレコードの表示、編集、新規作成ができます。
オフラインモードでもレコードへのアクセスが可能で、連絡先との通話履歴を自動記録 (Android版)します。携帯アラームやタスクの設定なども対応しています。

 
 

ソーシャル連携

 

Twitterと連携可能です。過去7週間のトレンド、前週と今週の投稿数、お気に入り数の増加が簡単に可視化できます。Twitter検索条件を登録出来、検索結果の特定の投稿に対して、返信、リツイート、お気に入り追加などのさまざまな操作を行うことができます。顧客担当者画面/顧客企業で、顧客の活動としてTwitterで検索が可能です。

 

 
 
  

ACCESS

アクセス

株式会社アイプランナー

東京都千代田区丸の内1-6-5
丸の内北口ビル 9階
電車でお越しの方へ
JR東京駅駅 丸の内北口  徒歩3分

ACCESS

アクセス

株式会社アイプランナー

東京都千代田区丸の内1-6-5
丸の内北口ビル 9階
電車でお越しの方へ
JR東京駅駅 丸の内北口  徒歩3分